« 食べながら痩せられる!? ダイエットの新理論! | メイン | “なりたい自分”になれる「BeautyLine」コーナーが東急ハンズ新宿店に誕生 »

「かわいい」からはじめる日本の伝統文化

2010年12月09日

2010年11月。なんとも魅力的なタイトルがついたイベント、「わび、さび、かわいい♥ 茶ガールの休日」が、伊勢丹新宿店本館5F和食器売場で開催されました。


日本の伝統文化である「お茶」を、もっと気軽に、もっとかわいく楽しんでもらいたいと行われた、このイベントは今回で2回目。

女性陶芸家の器を軸に、「かわいい」というこれまでにない切り口でお茶を紹介しています。

現代女性が気軽に茶道を体験できるイベントとして、今年3月の第1回開催時から、新聞各紙をはじめさまざまなメディアにとりあげられました。

IMG_0469.jpg

会場は伊勢丹新宿店、そして和食器メーカーの老舗・株式会社「たち吉」のサポートがついた今回。前回以上に注目度が高まっているのが分かります。

お茶を楽しむならまずは「器」選びから。
展示された器を手がけたのは、テレビCMにも出演の岡崎裕子さんをはじめ、今、注目の13人の女性陶芸作家たち。

等身大・自然体で生きる彼女たちの手から生みだされる食器の数々は、女性なら「これこれ、こういのが欲しかったの!」と感じるものばかり。

作品には「気軽に、かわいく、自分らしくお茶や生活を楽しんでね」というメッセージがそっとこめられているかのようです。

IMG_0478.jpg

また、茶道家の深澤里奈さん・傳田京子さんによる、パーティー形式で気軽にお抹茶を楽しもう! と提案するジャパニーズ・ハイティースタイルのお茶会や、深澤さんと岡崎さんのトークショーなど、お茶をかわいく楽しむための内容が盛りだくさん。

まさに「女子力(=茶ガール力)」が結集された催しとなりました。

会場は連日大盛況。そしてかつては女子だった(?)年配女性の姿もありました。「かわいい」は世代を超えて理解されるのでしょうか。

IMG_0499.jpg

興味はあるけれど、敷居が高いなあと感じてしまいがちな「お茶」。こんな風に分かりやすく、そして“かわいく”はじめることができるのなら、ぐっと身近に感じられますね。

さあ、まずは器さがしから。
お気に入りを見つけたら、あなたももう「茶ガール」の仲間入りです。

今後の予定はWEBでチェック!
■「茶ガールの休日」オフィシャルサイト
http://cha-girl.com/
                                          (梶原上記子)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/506

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)