« バレンタインデーは東京タワーに昇ってスイーツ「チョコおとめセット」&「ノッポンバッジ」を貰っちゃおう | メイン | 「沼袋まちかどひなめぐり」の軒先で感じる小さな春 »

3月1日(火)発売のスマートフォンも入る「ワイプグローブ」。ランニング以外にも使えそう! 

2011年02月14日

keitai.jpg
プラスワンデザイン事務所(略称:podo=ポド)から発売される
ワイプグローブ「スマートシリーズ」。

ワイプグローブとはランニング用の手袋。「ワイプ(Wipe)=ふく、ぬぐう」「グローブ(Globe)=手袋」の意味で、汗を吸収する素材にポケットもついています。

「ちょっと、そこまで…」と出かける軽いランニングにも鍵(カギ)やタオル、小銭などはつきもの。

それらをランニングウエアのポケットに入れると、ジャラジャラとわずらわしい。かといって、ポーチも持ちたくはない。
 
そんな悩み解決にピッタリなのが、この「ワイプグローブ」。
2008年の発売以来、多くのランナーに支持されているようです。

今回、ユーザーからの要望に応え改良されたのがスマートフォンも入る「スマートシリーズ」。

「いつも携帯と家の鍵を持って走る私にぴったりの商品があってすごくうれしかったです! 最初はこのグローブに携帯が入るのかな~と信じられなかったのですが、携帯を入れて、手にはめてみると、しっかり携帯が入りました! 即実践。いつもポケットで携帯が、がざがさ気になっていたけどすごく快適に走れました。左手には携帯を入れて、右手は汗ふき用と、これからも大活躍しそうです!」(モニター体験者 千葉市在住のK・Iさん)

「多くのマラソン大会では遠方からの参加者は車を使用されます。最終的に鍵を手に持って走るしかない現状に、ランナーのみなさんは不満を感じていたようです。マラソン大会の会場で販売していたときに“車の鍵を入れたい”という要望がかなりあり、収縮性のある生地の開発に取り組みました。最近では携帯を持って走り、ブログにアップするために撮影する人、走りながらツイッターをやる人も増えています。今後の幅広いニーズへの対応を考え、スマートフォンまで入るタイプにこだわりました」と、販売元podoの代表取締役・宇佐美雅規さん。

スマートシリーズの最大の特長は、夏は涼しく、冬は暖かい高機能素材(クールデホットエクス)。

水分吸収率は約20%アップし、乾燥力にもすぐれています。

リストバンドでは困難な、首の後ろの汗も手軽にふき取れ、タオルを持つわずらわしさもありません。

fuku-kubisuji%20%281%29.jpg

汗をふいた後はギュッと握れば、あっという間に乾きます。

肌触りが柔らかく収縮性にもすぐれているので、夏はそのまま、冬は手袋の上から装着することで1年中使用可能。

サイズはS/M/L、リバーシブルで3種類から選べます。

RRLB.uraji.JPGOGRR.uraji.JPGLGRR.uraji.JPG
左から)ローズレッド×リーフグリーン(WGS-RRLG)/オリーブグリーン×ローズレッド(WGS-OGRR)/リーフグリーン×ライトブルー(WGS-LGLB)

おしゃれで機能的なグローブはマラソンだけでなく、さまざまなスポーツ、釣り、介護、日常生活などでも活躍しそうですね。

装着方法の動画など商品の詳細はホームページでどうぞ。


『ワイプグローブ「スマートシリーズ」』
2,390円(税込)
1セット2個入り  
3月1日(火)発売(2月7日から予約販売中)
ネット販売のみ(FAXも対応可)
※4月以降は各地のマラソン大会での販売も検討中。
プラスワンデザイン事務所(略称podo=ポド)

(今井 美由紀)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/539

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)