« 期間限定の“レモン”メニューをたっぷり味わおう! | メイン | 新発売のトーニングシューズで美脚とヒップアップに期待! »

日本人初!? ちょいワルな「ゴシック・フュージョン」ベリーダンスってなあに?

2011年03月09日

※地震の影響でショーは延期になりました※

セクシーなサイボーグを思わせるメタリックなブラ、濡れたように光る赤や黒のボンデージ・ファッション、吸血鬼に変身した淑女のごとくパールを飾りつけた黒装束。

ニューヨークのドラッグ・クイーンのパーティーかと見まごう色鮮やかなウィッグやヘアーピース、タイ舞踊の長い爪や風に舞うシフォンのベール。

はて、これらの衣裳で踊るのは一体どんなダンス?


実はこれ、ベリーダンスの衣裳なんです。

四ッ谷にあるモロッコ風のバーでは毎週土曜日、ベリーダンサーのパフォーマンスを楽しむことができます。

しかも3月12日(土)は日本における「ゴシック・ベリーダンス」の先駆け的存在、ビンディーナさんが前代未聞の初出演。

ビンディーナさんが四ッ谷のバーをニューヨークの最先端パーティー会場に変えてみせます。


3840930_494092937_108large.jpg

ちなみにビンディーナさんはドラッグ・クイーンではなく、子育て、仕事、ダンス、オンラインショップ店長を同時にこなす、とってもパワフルな日本人女性。

家庭を持っても、一人の人間として誰もが心に秘めている創造性を、あきらめずに開花させる努力を続けてきた人です。

私たちが同じように両立させるのはもちろん大変だけれど、少しずつでも前進するための元気をもらえるダンサーなのです。


皆さんベリーダンスと言えば、金銀のコインやビーズに彩られたブラジャーと、大胆なスリットが入ったスカートやハーレムパンツを身にまといエジプト民謡で踊る、ちょっと照れくさいほどにきらびやかな世界を思い浮かべることでしょう。

でも、今のベリーダンスはクラシックバレエ、ジャズダンス、フラメンコ、ハワイアン、ヒップホップなど、世界中のありとあらゆるダンスを飲み込んで、毎日生まれ変わっていると言っても過言ではありません。

そんなベリーダンスの日々の進化を現在進行形で見せてくれる、さまざまなダンススタイルの融合が「トライバル・フュージョン・ベリーダンス」という新ジャンル。

その中でも、最もエッジの効いた「ゴシック・フュージョン」を日本での先駆者として演じ、あとに続くダンサーを育てているのがビンディーナさん。

演目に使用する音楽も、ほかのジャンルのダンスからは想像もつかないほど自由です。

例えばエスニック音楽の影響を色濃く残したダークでミステリアスなドラムンベース、バグパイプをフィーチャーしたヘビーメタルや、ノイジーなギターと異様なモンスタールックで人間の邪悪な部分をえぐり出すマリリン・マンソン、一方でメガヒットの軽快な曲を使うこともあります。

レッスンを受けるダンサーたちも初心者のうちから自分で曲を選び、どんな動き・表情・衣裳などが似合いそうか、体力に合わせたペース配分はどうするかなど、先輩ダンサーもまじえてアドバイスしてもらいながら演目を組み立てます。

これはもはや「習い事」というより、いっぱしの「創作活動」という気分です。

ビンディーナさんのショーやレッスンを通じて、自分の中の創造性を刺激してみませんか?

【イベント詳細】
・四ツ谷三丁目にあるモロッコ風ベリーバー「Fatima」
http://fatima-tokyo.com/index.html
3月12日(土)
出演:Bindina & Rika

Open 19:00
1st Stage 20:30
2nd Stage 21:30
Show Charge ¥1,500

※お店にメールを送って席を予約できます。(スパム防止のため、HPのCONTACTページ掲載アドレスから@マークを削除して送ってください。)
※入れ替え制ではないので、両方のショーを楽しめます。
※イベント終了後は、ダンサーと一緒に写真を撮ることもできます。ただし、ショーの間の撮影は厳禁です。


・ビンディーナさんのHP
http://www.geocities.jp/bindinalove/

・ビンディーナさんの手作り衣装オンラインショップ「B☆Rising」
http://bindinalove.ocnk.net/

(小松ミユキ)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/557

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)