« 生きる力を取り戻す刺激的な『三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller』 | メイン | 「味がいいからアジ」を「手でおろす」簡単術 »

梅雨時こそデトックス、さびない体づくり①  「正しい頭皮ケア」は適度なマッサージから

2011年06月20日

じめ~っと湿気が悩ましい季節です。こんな時こそ、“毒だし!”と思い、デトックス関連の情報を入手してきました。2回シリーズでお伝えします。

まずは「頭皮(スカルプ)ケア」から。
“美の秘訣は頭皮にあり”と提唱する、美容研究家・小林照子さんの美肌と美髪を手に入れる、正しい頭皮のお手入れ術を伝授します。

%E8%A9%B1%E3%81%99%E9%A2%A8%E6%99%AF.JPG
写真)5/30(月)「頭皮でつくるビューティーセミナー」in六本木

メークアップアーティストでもある小林照子さんは頭皮ケアの第一人者。
76歳の今も多忙を極めエネルギッシュな活躍をされています。
私が参加したセミナー前日は、深夜のテレビ番組に生出演されていたそうですが、午前中から疲労感も見せずに、輝くお肌でさっそうと登場。いつまでも若々しさを保つ秘訣、気になりますよね。

小林さんの解説で「正しい髪のお手入れ」をご紹介しましょう。

-------------------------------------------------------

頭皮は髪の毛を育てる畑です。良質な畑からは栄養化の高い作物が育つように、毛穴の汚れをキレイに取り除き、適度なマッサージをする(耕す)ことで健康な髪を育てることができます。

また、頭皮と顔はつながっているので毛根の毛穴がキュッとひきしまると、顔の皮膚もつり上がり、リフトアップ効果も期待できます。

頭皮も顔の皮膚と同じ28日周期で生まれ変わります。
コンディションを良くしてあげれば、どんどん活性化されていきますよ。

まずは、正しい髪の洗い方からみていきましょう。

<ポイント1 頭皮の汚れを正しく落とす>
1)シャンプー前によくブラッシングをする。
2)(皮脂汚れがひどい時は、ここでオイルクレンジングを)。
3)お湯で髪の汚れを洗い流し、シャンプーをつける。整髪料をたくさん使った日は二度洗い。すすぎは念入りに! ※シャンプーブラシを使うのもオススメ。
4)次はリンス(トリートメント・コンディショナー)。髪の根元にはつけず、毛先を中心につけることが大切、根元に浸透させると毛穴をふさいでしまうので注意。
5)タオルドライ後はドライヤーで乾かす。この時、髪の毛よりも頭皮を乾かすこと。生乾きの毛穴には雑菌が繁殖しやすく、かゆみの原因にもなる。

コツは“頭皮を洗い、頭皮を乾かす”。
汚れを取り除いた後は、マッサージでほぐしていきます。

<ポイント2 頭皮マッサージ>
1)最初に首のストレッチを。息をはきながらゆっくりと首を回す。
2)手の平のつけ根をこめかみにあてて、後ろにむかって押しまわし。この時、キツネ目になるくらいに引き上げることがポイント。
3)頭のてっぺんのくぼみ(左右の耳たぶの上端を結んだ線の中心)にある百会(ひゃくえ)のツボ押し。両手を組み、親指を下側にして、指の第一関節を軸に真下に向かってグーッと押す。
4)頭全体をもみほぐし。地肌に指を密着させて円を描くようにマッサージ。指先に力を入れて1カ所につき3~5秒かけてゆっくりと動かします。
5)最後に、頭全体を指先でつまんでパッと離す。リズミカルにパッパッと行いましょう。

マッサージは1回約5分。シャンプー前後、就寝前、休憩時間など、ちょっとした時間を使って継続することが大切です。
                                        
<ポイント3 ブラッシング>
そして、最後は丁寧なブラッシング。

最近は、ヘアスタイルの多様化もあり、ブラッシングをする人は減少ぎみ。
髪をとかすことで毛穴の皮脂を取り除き、天然の潤い成分を毛先まで運んでくれる上、マッサージ効果も期待できます。

分け目から毛先へ、耳もとから上へ、様々な方向から行うことがポイント。ブラシ部分にクッション性のあるものを使うと効果的です。

%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7.JPG

例えばこんなブラシ:アヴェダ(AVEDA)バドルブラシ ¥2,520 

----------------------------------------------

「マッサージがうまくできない~!」という人には、こんな機械もありますよ。

jn110207-4-1.jpg
㈱美・ファイン研究所が開発に携わった家庭用エステ機器「頭皮エステ」。

実際に体験して私の感想は「ゾクゾク、気もちいぃ~」。
入浴しながらも使えるそうです。商品の詳細はコチラ


毎日のお手入れが間違っていると、頭皮の汚れは知らないうちにたまってしまいます。「薄毛は遺伝だから…」とあきらめている人は、「遺伝していたのは薄毛を導くシャンプー方法かも?」と見直してみるといいそうです。

◇小林照子さん プロフィル
美容研究家 メークアップアーティスト 株式会社美・ファイン研究所所長
「フロムハンド」メークアップアカデミー校長 青山ビューティ学院高等部校長

http://www.be-fine.co.jp/

(今井 美由紀)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/590

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)