« 次の一歩を踏み出すための物語 | メイン | 赤ちゃん連れOK、代官山chano-maでのんびりランチを楽しもう »

ウワサに惑わされがちな今だからこそ見直したい、昆布の栄養機能と活用法

2011年11月30日

「昆布製品を食べると、放射性ヨウ素による影響を予防・除去できる」
今春、こんなウワサを耳にしませんでしたか?
原発事故後、口コミやインターネットで広まったこの情報。昆布製品の品切れが相次ぐという事態が起こりました。

こうした背景もあり、昆布の正しい知識の普及と啓発を行うことを目的として2011年6月に発足したのが「昆布の栄養機能研究会」。

昆布に関する情報を有識者によって集積し「最新・正確・充実」した情報発信をすることを目的としています。
2011年8月には公式HPを立ち上げ、昆布の基礎知識や研究活動の紹介などを発信しています。

先日、同研究会が主催する、昆布の栄養機能や昆布料理の簡単レシピなどを紹介するセミナー「現代人がいま知っておきたい昆布のこと」に行ってきました。

_%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E9%A2%A8%E6%99%AF4%E7%9F%A2%E6%BE%A4%E5%85%88%E7%94%9F%28%E9%95%B7%E9%87%8EUP%E7%94%A8%EF%BC%89.jpg_.jpg
「知っているようで知らない昆布のことを多くの人に知ってもらいたい」と矢澤さん。


私たちが知らない“素顔の昆布”

「昆布を食べると髪が黒くなる」。なんとなくそう信じていませんか?
東京海洋大学教授・「昆布の栄養機能研究会」会長の矢澤一良さんによると、実際には「学術的根拠はない」とのこと。
その一方で「ガン予防や血圧を下げるなど、現代病への健康効果についてはまだまだ知られていない」そうです。

口コミやインターネットの情報とはちょっと違うみたい…。
昆布と放射性ヨウ素の関係にも同じことが言えるのでは?(専門家の見解は文末HPを参照)

確かに効果が証明されているようですが、そのために昆布を食べるのではなくて、体が必要な「必須ミネラル」のほとんど全てを含んでいたり、ローカロリーでダイエットの強い味方になってくれたりと、体にうれしいことがたくさんあることを正しく理解して、賢く毎日の食生活に取り入れたいですね。


でもどうやって?
「昆布の栄養機能研究会」理事で医学博士、管理栄養士の本多京子さんが「現代の食生活に合わせた昆布活用レシピ」を教えてくれました。


◇手軽な水昆布だしのとり方

だし昆布を水につけて、冷蔵庫で一晩置くだけ。これだけで「水昆布だし」ができるって知っていましたか?
しかも冷蔵庫で1週間保存可能。さっそく今日から始めたいレシピです。

<レシピ:水昆布だし>
【材料】
・だし昆布 20g
・水  1リットル
【作り方】
①だし昆布を水につけて冷蔵庫で一晩置くだけ!
※冷凍もOK(製氷皿などを使って小分けにしておけば便利)


◇だしを取った後の昆布活用レシピ

「鍋のだしに使った昆布、そのままかじっているのでは?」と本多さん。
そんな、おざなりにされがちな“だしがら昆布”がおしゃれなデザートに大変身!

「昆布と煮りんごのデザート」は昆布がまるで上品なゼリーのような食感。甘酸っぱいりんごとの相性が抜群です。

_%E6%98%86%E5%B8%83%E3%81%A8%E7%85%AE%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94%28%E9%95%B7%E9%87%8EUP%E7%94%A8%EF%BC%89.jpg_.jpg

<レシピ: 昆布と煮りんごのデザート>
【材料】
・りんご 1個
・A(・水 1カップ ・ローズヒップ&ハイビスカス(ティーバッグ)1個・砂糖 60g・ゆず(絞り汁)大さじ1 ・だしを取った後の昆布(乾燥昆布に換算して10g分))
・バニラアイス 少々
【作り方】
①りんごをAの材料で煮る。冷蔵庫に一晩置いてりんごに煮汁の色をつける。
②①の煮汁を使って、だしを取った後の昆布を煮汁がなくなるまで煮る。
③りんごと昆布を盛り合わせ、バニラアイスを少々のせる。


◇すぐできる!とろろ昆布入りスープ

「即席かき玉とろろ昆布スープ」はカップに材料を入れてお湯を注ぐだけ。
とても簡単なので夜食に作ってみると、優しい味で体が芯から温まりました。
また、夜にお菓子を食べたときのような罪悪感を持たずに済みました。
材料を会社に常備して、ランチのお供にするのもオススメです。

_%E5%8D%B3%E5%B8%AD%E3%81%8B%E3%81%8D%E7%8E%89%E3%81%A8%E3%82%8D%E3%82%8D%E6%98%86%E5%B8%83%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%97%28%E9%95%B7%E9%87%8E%EF%BC%B5%EF%BC%B0%E7%94%A8%EF%BC%89.jpg_.jpg

<レシピ:即席かき玉とろろ昆布スープ>
【材料】(1人分)
・とろろ昆布 3g
・フリーズドライのかき玉スープ 1個
・お湯 1カップ
・おろしショウガ(チューブ入り) 少々
【作り方】
①カップにとろろ昆布、フリーズドライのかき玉スープを入れ、お湯を注ぐ。
②おろしショウガをお好みの量入れて混ぜる。


昔から日本人の食卓に関わってきた昆布。賢く活用して、おいしく、楽しく付き合っていきたいですね。

「昆布の栄養機能研究会」HP http://www.kombu-labo.jp
コンテンツ:昆布の成分と健康機能、昆布の基礎知識、昆布FAQ、最新トピック(コラム、学術情報)など。


(長野 摩千嘉)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/634

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)