« よくかんで、量って計って食べる、ヘルシー昼食 | メイン | 昨年オープンした上海小籠包専門店「鵬天閣」。冷凍の小籠包を家で蒸すときには要注意! »

祝期間限定復活! シティリビング×蜂の家コラボのジンジャーカリー

2012年01月26日

日本人って、カレー好きの人が多いんですよね。あなたも? 実は私もです。

ひょっとしてシティリビング公式サイト「Citywave」に連載中の「カリー my Love」の愛読者では?
カレー好きの女性編集スタッフが立ち上げた、カレーの魅力をお伝えする人気ブログ、現在5年目に突入中だそうです。


その「「カリー my Love」のプログから生まれた、絶品カレーがあります。
2009年限定発売された「ジンジャーカリー」が、それ。あいにく当時はお目にかかれず、『幻のカレー』だったのですが、このたび2年ぶりに復活という情報をゲット!
さっそく、蜂の家銀座本店に出かけてきました。

s-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%8903%5B1%5D.jpg
ハチの巣みたいな外観デザインが目印、蜂の家銀座本店


OLの心をつかんでいる『シティリビング』と長崎・佐世保のカレーの名店『蜂の家』がコラボして、商品開発されたジンジャーカリー。
OL2000人による人気投票で選ばれた、オリジナルの女子カリーです。
2年前、銀座三越の「GINZA OL WEEK」で販売され、3週間で1200個の売り上げを達成しました。


ここ数年のジンジャーブームも定着した感がありますが、今回の再登場には、寒い冬をしょうがパワーで乗り切ってほしい!という願いが込められているよう。
昨年11月20日(日)から3月31日(土)までの期間限定発売で、お土産用(チルド)が1個525円、イートインが1皿850円です。

販売は「蜂の家銀座本店」、「蜂の家銀座三丁目店」、佐世保「レストラン蜂の家」の3店。前回はチルドのみの発売だったので、お店でのイートインは初の試みともなります。

%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%B8%ADshigemuraPhoto5.jpg%5B1%5D.JPG
店内にもジンジャーカリーのポスターがいっぱい!


せっかくなので、イートインもチルドも、どちらも食してみなくては!と、まずは店内でジンジャーカリーを注文。ひと口パクリ。
うわっ、甘~い♪
あれ? スパイスが効いた辛さが後から追いかけてきた♪
えーっ、ジンジャーの香りがフワリッ♪
三段階の味わいをかみしめたころには、体がポカポカ。ジンジャーの効果は絶大ですね。
寒い冬にピッタリのカレー、冷え性ぎみの女子にはありがたくもあります。

%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BCshigemuraPhoto3.jpg%5B1%5D.JPG
イートインでも食べられるジンジャーカリー


ついでに、お土産用も購入。女子心をつかむパッケージがかわいくて、ピンク色♪
一瞬で悩殺されました。家で食べるジンジャーカリーも、また格別のおいしさでしたよ。
家族に、とくに年ごろの娘たちに「ジンジャーが口の中に広がるぅ! 甘さ加減も女のコごのみだわ~」と好評でした。

%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG
漫画家・瀧波ユカリさんのキュートなイラストがセンスいいチルドカリー


もう一つ、蜂の家銀座本店からのお得なお知らせを。

1月27日(金)、本店5周年記念「100円カレーイベント」が開催されます!!
長崎直送のカレーを、1皿100円にて提供。あいにくこの日はジンジャーカリーではありませんが、蜂の家さんのカレーはビーフ(男性に人気)もチキン(女性に人気)もポークも、どれも本当においしいんです。
当日はビーフ&ポークカリーです。ぜひお出かけして味わってください。

本店は、晴海通り沿いの歌舞伎座(現在建て替え中)からすぐ。
「銀座本店のみ」、「1日限り」のイベントですので、お気をつけください。
11時30分オープンで、カレーがなくなり次第終了となります。
カレーを食べた方には、さらにプレゼントがあります。

%E5%BA%A7%E3%82%8B%E5%B8%ADPhoto6.jpg%5B1%5D.JPG
一人でお出かけなら、1階のカウンター席で。グループで行くなら、2階のテーブル席で


蜂の家銀座本店
http://www.hachinoya-curry.jp
カレーブログ「カリー my Love」
http://www.citywave.com/curry/
                                                    (重村由美子)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/651

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)