« 恵比寿駅近に続々オープン! 大人向けファストフード店 | メイン | 心やすらぐ空間と最先端のワクワク。この時代の「オトナ」で良かった! »

春♪ パーソナルカラーで「わたし価値」アップ↑

2012年04月05日

気に入って買ったものの、タンスの肥やしになっている洋服ってありますよね。

私の場合、写真左のワンピースがそう。着ると顔の色が黄ばみ、洋服だけが浮いて見えるのです。逆に右のワンピースはお気に入り。顔色に透明感が増し、美白に見えます。どうやら同じ黄色でも似合う色と似合わない色があるようです。

「パーソナルカラー」とは自分に似合う色のこと。

色といっても赤、青、黄などの区別だけではありません。黄みが強いハッキリとした黄色なのか、青み寄りの淡い黄色なのか。それも重要な色の要素。

コーディネートを考える上でポイントとなる色に、もともと興味があり、もっと知りたいと調べたところ「パーソナルカラー」という考え方に出会いました。

心機一転の春「パーソナルカラー」を見つけて、第一印象に自信を持ちませんか?

%E2%98%86DSC03566%2060kb.jpg

パーソナルカラーが分かるといいことがいっぱい!

・洋服を買うときに迷いが少なくなる。
・ワードローブがスッキリする。
・表情が輝き、自分に自信が持てる。
・人からの印象がよくなる。

パーソナルカラーの考え方では、大きく分けて「黄み」と「青み」の2つの色に分類されます。
「黄み」 はさらに「春」と「秋」に、「青み」 は「夏」と「冬」に分かれ、人は4タイプのどれかに属し、そのタイプの色が似合うとされています。

各タイプの特徴は下記です。

【黄み】
春:カラフルな明るめの色
%E6%98%A5.jpg

秋:落ち着いた深みのある色
%E7%A7%8B.jpg

【青み】
夏:爽やかで涼しげなやわらかい色
%E5%A4%8F.jpg

冬:シャープで冴えた色
%E5%86%AC.jpg

ネットや本で探すと、自分がどのタイプなのか自己診断できるものがあります。
でもどうしても主観が入ってしまい、好きな色が似合うという診断結果になりがち。
正確に知りたいなら、やっぱりプロ頼み。
同じ職場だった人がパーソナルカラー診断のプロになったと聞き、お願いしたのがイメージコンサルティングスタジオ「Rush」代表の上田ユキさんです。

%E3%83%A6%E3%82%AD%E3%81%95%E3%82%93.jpg

【パーソナルカラー診断】
1. 鏡の前に座り、肩から白いケープをかけ、同じ色に属する4色の「テストカラー」を顔周りに重ねます。
%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E8%A6%8B%E6%9C%AC%E3%81%82%E3%81%A63.jpg

*「テストカラー」と呼ばれる布には、ピンク・青・赤・緑・紫・黄・茶・白の8色あり、その8色にさらに春、夏、秋、冬に属する 4色があります。
03.gif

2. 重ねた4種類の布をパッパッとめくっていき、唇や顔の色がどう変化するのかを見ます。
似合う色を当てると唇にポッと赤みが差し、顔色の透明感が増したり、血色がよくなったりします。
似合わない色の場合は唇が青ざめたり、顔色がくすんだりしてしまいます。

3. 同じ要領でテストカラー全色を試します。

4. 1番似合うタイプと2番目に似合うタイプを導き出し、その説明を受けます。


診断の結果、私に1番似合うタイプは「青み」の「夏」、2番目に似合うのは「黄み」の「秋」だということがわかりました。
私の場合、黄みか青みかではなく、ハッキリした色より、にごった中間色であるかどうかが重要なようです。

もし診断結果が今まで好きで着ていた色と違ってしまい、急に変えるのは気が引けるという場合もご安心を。基本的には顔に近い洋服の色をパーソナルカラーにすればOK。ストールやインナーから取り入れてみましょう。

**************************************************
自分でできる似合う色の見分け方も教えてもらいました。

【体の特徴による見分け方】

・手のひらを指で押し、一瞬白くなったあとに返ってくる肌の色がオレンジ色の場合「黄み」、ピンク色の場合「青み」。
DSC_0190.jpg

・頭皮の色が黄色っぽければ「黄み」、白っぽければ「青み」。
・白目が黄み寄りだったら「黄み」、青み寄りだったら「青み」。

→友達と自分を比べて判断するのがお勧めです。

【洋服を鏡の前で当てたときの見分け方】

・顔色が血色よく明るく見えたら似合う色、黄ばんだり、くすんだりしたら似合わない色。
・顔色が美白に見えたら似合う色、灰みがかった白に見えたら似合わない色。
・顔の輪郭がスッキリ見えたら似合う色、目の下・鼻のわき・アゴの下に影ができたら似合わない色。

→鏡の前で、同じデザイン・色違いの洋服をパッパッと順番に当てて、顔色を比べてみましょう。→試着をするときは、蛍光灯の下で。


**************************************************
診断コースによっては、体型・顔型分析まで行い、全身のファッションアドバイスもしてもらえます。
自分のパーソナルカラーが得意とするイメージを、自分の体型に合うシルエットで作り出せば、自分をより魅力的に見せることができます。

まずはお手軽なお値段で試してみたいという人は、セミナーへの参加がお勧めです。

【次回セミナー】

日程:6/20(水)
場所: 横浜市技能文化会館
時間:18時半~20時半予定

*料金やプログラムなど詳細は下記HPで。
http://gibun.jp/index.html
http://r-rush.jp/seminar

ビジネスマンの男性向けコースもあり。御主人の第一印象アップにいかがでしょうか。
コース詳細:http://r-rush.jp/price

(戸谷美帆)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/686

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)