« 身近な材料で幻想のスローナイト | メイン | 世界一高いツリーのお色直しは、キラキラ緑色のクリスマス限定ライトアップ »

30代女性の“欲しい”がここにある! ロエベで作る“私だけのアマソナ”

2012年10月18日

少し華やかな場所に出掛ける機会も増えてくる、30代半ば。
「ちょっと奮発しても、上質なバッグが欲しい!」と思う女性も多いのではないでしょうか。

そんな女性にぴったりのブランドがLOEWE(ロエベ)です。
ロエベは1846年に創設されたスペインの高級レザーブランド。
上質な素材と卓越した職人技によって作り出される革製品は世界最高峰ともいわれ、スペイン王室御用達の称号を受けています。

その豊富なラインナップの中でも、1975年に創作された「アマソナ」はロエベのアイコン的存在。
一枚皮仕立てのしなやかな手触りと四角いフォルムが特徴です。


IMG_0454.JPG
▲ロエベのアイコンバッグ「アマソナ」。写真はオーストリッチタイプ。

今シーズンから、サイズや色、素材などを選んで“自分だけのアマソナ”をオーダーできる「アマソナ・アトリエ」がスタート。
よりオリジナリティを求める30代以上の女性たちから注目を集めています。


10月16日、東京・表参道のロエベ直営店でファッション誌「Domani」の読者イベントが行われ、俳優の竹中直人さんとモデルの知花くららさんがオーダーした「アマソナ」を披露しました。


IMG_0575.JPG
▲自身のオーダーした「アマソナ」との初対面ににっこり笑顔の知花さんと、見惚れたように息をのむ竹中さん。


待ちに待った瞬間を迎えたお2人からは「うわー!」「かっこいい!」と喜びの声が。


レザーフリークで「皮の重ね着も好き」という竹中さん。
出来上がったのはダークな色合いに紫とオレンジのアクセントが効いた個性的なバッグ。
「全てにこだわりました。めちゃくちゃ嬉しいです!」と満面の笑み。


IMG0639.JPG
▲偶然にも持ち手の色が2人とも同じオレンジ色に。「気が合いますね!」と知花さん


「“南仏の明るさと、男の子っぽさの中に漂うフェミニンさ”をイメージしました」という知花さんは、淡いトーンがシンプルな黒のワンピースによく似合っていました。


IMG_0626.JPG
▲こちらは知花さんオーダーの「アマソナ」。ブルーグレーのような地色にビビッドなオレンジが新鮮!


お披露目会には同誌の井亀真紀編集長も参加。
「アマソナ」をオーダーする際のポイントを教えてくれました。

「最初に、自分が落ち着く色を選ぶこと。次に、女性の顔を美しく見せてくれる白かベージュ、またはジュエリーの光のような色を。最後に、興味はあるけどトライしにくい色を差し色にしてみてください。きっと素敵な『アマソナ』を作ることができますよ。」


**************************************


13万通り以上の組み合わせを楽しめる「アマソナ・アトリエ」でのオーダー価格は二十数万円から。

今回の取材で、自分と同じ1975年生まれの「アマソナ」に運命を感じてしまった私。
いつか“自分だけの「アマソナ」”を手に入れるゾ!と心に決めたのでした。


IMG_0668.JPG
▲ロエベ表参道直営店。照明や装飾も素敵なので、ぜひ1度訪れてみて!


◆ロエベ公式サイト◆
http://www.loewe.com/


(照井美樹)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/732

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)