« 世界一高いツリーのお色直しは、キラキラ緑色のクリスマス限定ライトアップ | メイン | 頑張りすぎのママが元気になれる本発見!『発達障がい児の子育て』 »

あなたのクリスマスが見つかる“ギフトボックス”渋谷ヒカリエ

2012年12月16日

 今年4月26日に開業した渋谷ヒカリエは、渋谷の新しいランドマークとして多くの情報を発信し続け、11月1日時点で来館者数が1200万人を越えたとのこと。
開業後初めて迎えるクリスマスを控え、クリスマスプロモーション「Shibuya Hikarie Xmas 2012 ~Gift for ALL~」がスタートし、12月25日(火)まで開催しています。

 テーマは「Gift for ALL」。
食や雑貨、アートなど渋谷ヒカリエにはワクワクするものがいっぱい。コスメショップに行けばクリスマス限定コフレが、レストランに行けば限定メニューが用意されています。
今回のプロモーションはワクワク感が詰まった渋谷ヒカリエ自体をクリスマスの “ギフトボックス”の積み重ねに見立て、大切な人と過ごすクリスマスに彩りを加えてくれます。


 11階スカイロビーに設置された「ヒカリノツリー」は渋谷ヒカリエの外観をイメージしたデザイン。見上げるような大きさで、少し離れないと全部が見えません。女性には抱えきれない大きさのクリスマス仕様にラッピングされた赤や透明な箱を積み重ね、各フロアを光り輝くギフトボックスとして表現しています。

 初日の11月21日にはゲストにBENIさんを迎えて点灯式が行われました。NHK総合「東京カワイイ★TV」にレギュラー出演中で、ファッションリーダーとして女性の衆目を集める存在BENIさんはギフトをイメージしてコーディネートした白を基調の衣装に、ファーのネックレスを合わせて登場。ショートパンツからすらりと伸びる脚が魅力的でした。

 トークのあと、BENIさんがクリスマスツリーを点灯。「斬新で大人の雰囲気。ヒカリエの都会的イメージに合っている」と語っていました。
ツリーの前で、BENIさんは「レコチョク」のCMソングだった「ずっと二人で」と最新アルバム「COVERS 2」から山下達郎「クリスマス・イブ」をカバーしたものを披露。点灯式を盛り上げました。

 「ヒカリノツリー」はクリスマスプロモーション期間中、毎日午前10時~午前0時まで点灯し、「ジングルベル」の音色に合わせて、30分ごとに透明なボックスが光る演出もあります。

 館内のクリスマス仕様は「ヒカリノツリー」だけではありません。

 渋谷駅と渋谷ヒカリエをつなぐ通路の終点はアーバンコアと呼ばれ、外観は円柱で中央にエスカレーターがあり、地下3階から4階まで吹き抜けのようになっています。各階にはLEDサイネージと呼ばれる孫悟空の頭の輪のような大きなリングの電光掲示板を設置。時間や天気などの他、ヒカリエのレストランやシアターの情報を映像で流しています。最大のものは直径約17mあるそうです。


 スイーツ中心の地下2階ではクリスマスにはかかせないクリスマスケーキが並びます。フルーツやチョコが豪華に盛り付けられたデコレーションケーキや、ショートケーキサイズでありながら凝った作りのケーキもあり、目移りしてしまってなかなか選べません。

ホワイトチョコレートのリボンがゴージャス!

ふわふわスポンジにイチゴやシャンティクリームを重ねたエレガントなケーキ

甘酸っぱいフランボワーズのジュレとマイルドなショコラオレムースのノエル
マカロンが汽車の車輪のよう

 地下1階にはコスメ関係のショップが多く、クリスマス限定コフレに夢見がちな乙女心が呼びさまされます。


 雑貨が多い1・2・5階はクリスマスグッズを中心に品揃え。商品自体が装飾となっています。クリスマスツリー点灯式のゲストBENIさんが身に付けていたファーのネックレスは渋谷ヒカリエで購入したとのこと。同じものを探して見るのもおもしろいかもしれません。
6・7階のカフェ&レストランはどのお店もクリスマス限定メニューを用意。特別な日の雰囲気を盛り上げてくれます。6階のセストセンソアッカの12月23日(土)24日(日)限定「窓際限定クリスマスディナー」(コース2人前 20,000円)は「2人でひとつのコースを食べる」がコンセプト。アミューズ以外、すべて男女内容が違うお皿が続きます。持ち帰りもOKのシャンパン・ミニボトルもついています。


年に一度の特別な日、クリスマス。恋人や家族と一緒に楽しく過ごしたいですよね。渋谷ヒカリエに行けば、そんな気持ちに応えてくれるものがきっと見つかります。

最後に「InRed×渋谷ヒカリエ×BEAMS LIGHTSコラボダイアリーキャンペーン」をお伝えします。
25日(火)まで、渋谷ヒカリエ内で合計5,000円以上の買い物や食事をすると、先着4,000人に「InRed×渋谷ヒカリエ×BEAMS LIGHTS editor‘s diary」をプレゼント。
この2013年度の手帳はカバーが「BEAMS LIGHTS」のおしゃれで大人可愛いデザイン、中身は30代の女性ファッション誌InRed編集部が完全監修したもの。詳細はこちらのURLに。気になる方は要チェックです。

http://www.tokyu-dept.co.jp/shinqs/inred_beams_collabo.html/

渋谷ヒカリエ

http://www.hikarie.jp/

                                                     (堀木三紀)


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/735

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)