« 多用な最新技術満載!ビジネスの相棒紹介します | メイン | 初めてのドキドキ試乗! 一人乗りor2人乗りの『超小型モビリティ』 »

国内最大宇宙イベント 間近に感じ、心躍る宇宙の旅

2014年07月23日

千葉県の幕張メッセ(JR『海浜幕張』駅徒歩5分)で7/19から開催されているイベント「宇宙博 2014」(9/23まで)のプレス内覧会に行ってきました。

「宇宙博 2014」は、アメリカ航空宇宙局(NASA)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の全面協力で実現した国内最大の宇宙イベント。
宇宙にまつわる貴重な資料の実物や、実物大モデルなどを合わせて500点も展示しています。
いざ、宇宙の旅へ!!

▽SPACE EXPO2014ホームページ
http://www.space-expo2014.jp/

【宇宙開発の歴史とアポロの軌跡~NASAのコーナー】
宇宙船の入り口のようなイメージの「スペースゲート」を抜けると、最初にNASAのコーナー。
これまでの宇宙開発の歴史を辿る展示があります。

有人宇宙船がマーキュリー⇒ジェミニ⇒アポロと進むにつれて、乗組員の数が1人から2人、2人から3人と徐々に増えていったとか。

最初のマーキュリーの頃は宇宙船に乗るのではなくて、宇宙船を着るのだと飛行士達に評されたそうですが、たった一人で宇宙に飛び出して行く当時の飛行士の勇気に感動を覚えます。
アポロのコーナーではあの有名な月面写真のパネルも!

0718-p02.JPG
△人類が宇宙に希望と夢をみた象徴的な写真ですね

さらに廊下に沿って進むと、この宇宙博の見所の一つでもあるアポロ17号指令船のレプリカと、なんと実物のパラシュートが展示されています。

スタッフの話では、このパラシュートを今回のような形で上から吊り下げて展示するのは初めての試みとのこと。パラシュートを内側からも眺められるので、地球に降り立った時についた焦げ跡まで確認できます。

0718-p03.JPG

0718-p04.JPG
△焦げ跡が分かるでしょうか?

【はやぶさにきぼう、日本の最先端が集結~JAXAのコーナー】
次は日本の宇宙開発のコーナー。まずは「はやぶさ」です。

いくつかの映画、そしてドラマ化もされ、たくさんの日本人に感動を与えたはやぶさの実物大モデルを展示しています。

こんなに小さな探査船が何光年も宇宙を旅して、地球に帰って来たのだと思うと改めて驚くばかり。
はやぶさは他の展示と比べてみると本当に小さくて、「機能美」という言葉がぴったりのとてもシンプルな船に見えました。

このコーナーでは、実際にはやぶさが小惑星「イトカワ」から持ち帰った微粒子を顕微鏡で観察できます。
イトカワの微粒子については、顕微鏡が一台しかない上、展示自体が行われない期間もあるそう。
もし運よく展示期間に来場できたら、貴重なチャンスなのでぜひ観てみてください。

0718-p06.JPG
△はやぶさ

そして国際宇宙ステーション(ISS)の一部である日本の実験棟「きぼう」の展示。
これは今年の3月まで宇宙飛行士の若田さんが長期滞在して作業していた場所ですね。

中に入ると、驚くのはその狭さでした。4人が同時に作業することができるとはいえ、宇宙服を着ていたら2人ですれ違うのは難しいだろうと思われるくらいのスペース。

映画『宇宙兄弟』の中では、JAXAの最終試験が宇宙ステーションと想定した狭い空間で、長期の共同生活と共同作業を行うというものでしたが、何ヵ月もこのスペースで何が起こるか分からない状況の中、作業を行うのは、よっぽど強い精神力の持ち主でないと難しいだろうと感じました。

内部に入ると、おそらく実際の通信記録と思われる英語の会話が流れていて、気分が盛り上がります。

0718-p07.JPG
△きぼうの実物大模型 ISSでは唯一きぼうにしかないと言われる「船外実験プラットフォーム」もちゃんと再現されています。

0718-p08.JPG
△ISSの1/10模型は、会場のど真ん中(天井)に

【火星探査】
もう一つ見所となっているのが、現在も一台で火星探査を続けている「キュリオシティ」の実物大モデル。周りの通路がスロープになっているので、約270度のさまざまな角度から観察できます。

【その他の展示】
私自身がかなり興味があったのが、南極大陸から持ってきたという「触れる隕石」です。

南極の石ですら一生のうちに触れる機会があるかも分からないのに、さらに遠くから来た隕石に直接触れるなんてドキドキします。

0718-p09.JPG
△隕石触りました!

そして惑星を映し出す球形モニター。パネルで操作して自分好きな惑星の映像を呼び出したり、その惑星の情報を確認できる最先端の機械です。

0718-p10.JPG
△見事な再現力 雲の表示を好きなように変えたりなどもできるとのことです

【充実のおみやげショップ-オリジナルキャラクターキュリオ君から森永とのコラボ商品まで!】
スタッフの方に見どころについて質問したところ、「約2000点の宇宙グッズが揃うおみやげショップもぜひ見てください」と。宇宙博の記念にお気に入りの品を探すのも楽しいです。

今回の宇宙博は開催期間の2ヶ月間で約80万人の来場者を見込んでいるとのこと。
正に宇宙にまつわる一大イベントです。

夏休み時期の開催なのでお子様の自由研究などにもぴったり。
JAXAの宇宙飛行士によるトークショーなど、今後いろいろなイベントも開催予定(随時HPに掲載)。
ぜひ一度壮大な「宇宙の旅」を経験してください。

▽SPACE EXPO2014ホームページ
http://www.space-expo2014.jp/

                                                      (渡部彩香)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/754

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)