« 国内最大宇宙イベント 間近に感じ、心躍る宇宙の旅 | メイン | 主役は子ども!そのうえ大人も満足「キンダー・フィルム・フェスティバル」 »

初めてのドキドキ試乗! 一人乗りor2人乗りの『超小型モビリティ』

2014年07月25日

国土交通省は各自治体と連携して、2013年から2015年まで『超小型モビリティ』の実用化に向けた社会実験を日本各地で行っています。

超小型モビリティとは一人乗りもしくは二人乗りの超コンパクトサイズの新カテゴリーの車で、バイクでも軽自動車でもない新しい乗り物。エネルギー消費量が通常の車の1/6程度という省エネな電気自動車なのです。

初めて試乗してきました。

さいたま市見沼区にある自動車教習所ファインモータースクール大宮校は、さいたま市が推奨する『超小型モビリティ』の導入促進事業に参加しています。

同校が主催の日本で初めて若葉マークの人とペーパードライバーを対象とした『超小型モビリティ』試乗会へ行ってきました。


1%E8%AD%AB%E5%A4%82%E5%B2%BC.JPG


今回、試乗したのは、ホンダのMC-β。

バイクや軽自動車など、小型の乗り物に慣れていない私にはおっかなびっくりの試乗となりました。

小型ならではの車との一体感がなんとも心地よく、視界の良さとしっかりしたシートで安定感のある走りができたのにはさらにびっくり!

今回はテスト車のため窓がなく開放的だったので? 狭い場所での切り返しや車庫入れがとても楽にスムーズに行えたのも驚きでした。

試乗後のアンケートには、寒い日や雨の日を考えると窓や空調はあった方が良い、バックミラーをつけてほしい、ブレーキペダルに遊びが無く、固くて効きにくいなどの要望を書いてきました。


 2%E8%AD%AB%E5%A4%82%E5%B2%BC.JPG


体力の無い人や、年配の人、坂や細い道の多い地域では、自転車やバイクの感覚で乗れるオススメの乗り物だと思います。

実用化できるかどうか、まだわからないそうですが、車体カラーなども改良して、小さくても華やかな『超小型モビリティ』が公道を走る日がくることを、楽しみにしています。


◇◇問い合わせ先◇◇
ファインモータースクール大宮校
http://www.fine-motorschool.co.jp/
                                   
                                                     (岡田由美子)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/755

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)