« こうやって韓流にはまっていくのですね~映画『無花果の森』 | メイン | 多用な最新技術満載!ビジネスの相棒紹介します »

自転車で巡る、台湾旅行!~映画『南風』

2014年07月08日

映画『南風』が7月12日(土)からシネマート新宿で公開されます。
この作品は500kmに渡る台湾サイクリングロケを敢行したロードムービー。

恋愛と仕事で行き詰った主人公が、仕事で台湾に行き、現地で知り合った若者たちと魅力あふれるスポットを自転車で巡りながら自分自身と向き合い、大切なモノを見つけていきます。


© 2014 Dreamkid/好好看國際影藝

STORY

東京の出版社で働く風間藍子(黒川芽以)は、年下の女性に恋人を略奪された上に、ファッション誌の担当からも外されてしまいます。

希望していない企画ページの担当になった藍子は、台湾の日月潭(リーユエタン)で行われるサイクリングイベントを取材することに。

単身、台湾に渡り、レンタサイクル店の娘トントン(テレサ・チー)と知り合います。
ガイドをしたいというトントンの願いを受け入れて、台北から自転車でスタート。
旅の途中で、台湾人旅行者のユウ(コウ・ガ)やプロサイクリストのゴウ(郭智博)たちとも出会いながら、台湾中部の日月潭を目指します。

今が旬の“黒川芽以”

主演の黒川芽以は映画『横道世之介』『 KILLERS/キラーズ』『ねこにみかん』『ぼくたちの家族』と話題作への出演が相次ぎ、私にとって今、目が離せない女優の1人。

『ぼくたちの家族』では、長男である夫の実家が一大事なのに非協力的な妻の役でしたが、「自分たちの家の方を大事にして欲しいって思っちゃうよね」と共感できました。

このところ、クセのある役や作品が多い気がしますが、どの役も黒川芽以が演じると身近な人に思えるから不思議です。

今回演じた主人公の藍子は、普通の20代後半の女性。恋に破れ、仕事では不本意な異動を言い渡されたものの、何か劇的な出会いや変化があるわけではありません。
どこにでもいそうな女性が旅を通じて変わっていく様子を、黒川芽以は本人そのもののように演じ、観ている者を惹きつけます。

今年はこの後も映画『ドライブイン蒲生』『福福荘の福ちゃん』の公開を控え、どんな役をどんな風に演じるのか、とても楽しみにしています。


© 2014 Dreamkid/好好看國際影藝

台湾ガイドムービーの決定版!

主人公たちは台北から九份(キューフン)、富貴灯台(フーグジャオ)、淡水(タンシュエ)、通霄(トンシャオ)、龍騰断橋(ロントンデュアンチャオ)、鹿港天后宮(ルーガンティエインホウゴン)、九曲巷(ジュウチュィーシャン)、日月潭を3日間で巡り、さながら台湾のガイドにもなっています。

ノスタルジックな雰囲気が人気の九份(キューフン)で、藍子はトントンに勧められて冷たい芋餅を食べるのですが、これが冷やしぜんざいのようでとてもおいしそう。餅好きの私としては、すぐにでも台湾に行って食べてみたい!


© 2014 Dreamkid/好好看國際影藝

富貴灯台(フーグジャオ)では空と海の青、草地の緑、灯台の白のコントラストが美しく、観ているだけで、気持ちが晴れやかになります。

主人公たちが緩やかな丘を自転車で走るシーンでは、スクリーンのこちらまで心地よい海風が吹いてくるような気がして、自転車で走りたくなりました。
また、「台湾のヴェニス」といわれている淡水(タンシュエ)の夕日の景色が幻想的。
ここへ行くなら夕方ですね。


© 2014 Dreamkid/好好看國際影藝

通霄(トンシャオ)で主人公たちは電車を改造したホテルに泊まります。これがとってもかわいい~。 古くなった車両の上手な再利用法だと思います。

龍騰断橋(ロントンデュアンチャオ)は1908年に作られたレンガ製のアーチ橋。地震で崩壊してしまい、一部が遺跡として残っているだけですが、完成したときは壮観だっただろうと感じました。

残ったレンガの太い橋脚部分に草木が生い茂る様子は『天空の城ラピュタ』のよう。もしかして、モデルだったのかも?

目的地の日月潭(リーユエタン)は風光明媚な湖。台湾国内の新婚旅行先として人気とか。

湖畔にある文武廟は中国宮殿式の廟としては最大級。映画でもその豪華絢爛さがわかります。ここから日月潭全体を望むと景観が素晴らしいようです。

心を落ち着かせる風景、体を休める味わい深い食事、温かい人とのふれあい。

映画を観ると晴れやかで前向きな気持ちになり、台湾に行ってみたくなります。

旅行に行こうと思っている方は行く前に、ぜひこの映画をご覧ください。訪れる場所を変えたくなるかもしれません。

『南風』
7月12日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
出演:黒川芽以、テレサ・チー、郭智博、コウ・ガ
監督: 萩生田宏治 脚本: 荻田美加
企画: ドリームキッド、ブレス /製作: ドリームキッド、好好看國際影藝
後援:台北駐日経済文化代表処、愛媛県、台湾観光局、公益財団法人日本サイクリング協会、JTBピクチャーズ
配給: ビターズ・エンド
© 2014 Dreamkid/好好看國際影藝
公式サイト:http://www.nanpu-taiwan.com/
(堀木三紀)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/752

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)