« リーズナブルに体験できる多様なスパの魅力 | メイン | 「私が今、LETSを はじめる理由」完成 »

日本発!次世代リーダーのネットワーク、NELIS(ネリス)誕生

2015年10月02日

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2812%29.jpg

自然災害やテロ、難民のニュースに心を痛める人は多いでしょう。このままでは世界は、地球はどうなってしまうのか。その解決策を探るひとつの試みとして、一般社団法人NELIS(ネリス)の活動を紹介します。

NELISの目的は、「自然を重んじ、健全で公正な社会」を意思決定や行動の出発点とする、次世代のグローバルリーダーを結びつけること。世界各地で活躍する若手リーダーが学びあい、お互いを刺激しあうことによって、「新しい文明づくり」を担うことを期待しています。

2015年9月に東京都内で開催された説明会には、ソーシャル・デザイナーとして日本で活動するピーター D. ピーダーセン氏(写真右)、滋賀県近江八幡市の和菓子の老舗・たねや4代目社長山本昌仁氏(写真右から2番目)、近江八幡商工会議所会頭の秋村田津夫氏(写真左から2番目)が発足人として出席。10月16日より近江八幡市で開催される世界大会を前に、今後の計画を披露しました。

説明会には、世界大会に参加する槌屋詩野氏(HUB Tokyo代表・写真左)も同席して、日本の地域発でグローバルな試みを行うことへの期待を話しました。さらに、インドでサステナビリティ・コンサルタントとして活動するシュラヴァン・シャンカー氏、スカンジナビアとアジアで活動する投資会社創業者、シェン・シェン氏もSkypeで参加。サステナビリティをビジネスに組み込む意義や、世界各地から若手リーダーが一堂に集まるNELISの魅力について言及しました。

貧富の差が広がり、自然が破壊され、このまま弱肉強食のシステムが続くようなら、次世代を生きる若者や子どもたちの未来は、決して明るいものではありません。また、地球規模の問題を解決するため、世界各地のリーダーたちがつながり合い、知識や情報を持ち寄って、新しい解を導くことが熱望されています。

世界大会に参加する次世代リーダーは、6大陸14カ国から訪れる25名。NELISの価値や将来の展望について議論を交わすほか、禅寺体験のプログラムも用意されています。10月18日(日)に立命館大学で開催される公開フォーラムは一般参加も受け付けているので、新しい価値観に触れてみたい人は、申し込んでみては?


■NELIS公式ウェブサイト http://www.nelis2020.net/
■NELIS公式Facebook https://www.facebook.com/NELIS2020

(ミキモトミキ)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/789

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)