« 【10周年記念書籍】制作進行中!  自分らしく働き続けるために必要なこととは? | メイン | 【★ピカ女登場】40代 面接で好印象を与えるメイクを教えます »

【10周年記念書籍】制作進行中! 編集はチームワーク 誌面は素材の取捨選択

2017年03月10日

前回、進捗をお伝えした10周年記念書籍の制作。現在は、巻頭インタビュー「未来を築く女性たち(仮)」の原稿が担当ライターから上がり、エッセイ「私の転機」の募集も始まりました。

なにしろこの本、LETS開講10周年を記念するとあって、女性の「今とこれから」をテーマにした情報が満載なのです。

さて今回は「第3章アンケート企画の概要」に続き、その制作の様子を、デスクを担当した10期尾高がお伝えします。

200頁を超える予定の書籍ですが、第3章のアンケート企画に与えられたのは、その内の12頁。限られた行数に、「私を生かす働き方」という大きなテーマをギュッと凝縮してまとめました。

何よりも苦労したのが、取材内容をよく消化し、テーマに沿って絞り込む作業。

何度も肝に命じているものの、書く、編集することはテーマについて考え抜くことだと、今回も痛感しました。

■リモート&チームワークで進む修了制作

そして、これも毎度のことながら頭に浮かぶのが「編集=チームワーク」という図式。編集作業に限らず、みなさんが職場で日々実感していることでもあるでしょう。

現在、LETSでは仕事を持っている人がほとんどなので、修了制作に費やせる時間帯は夜間と週末に限られます。

打ち合わせは2週間に1回程度。顔を合わせて作業できる機会が少なく、クラウドで情報を共有しながら進める、いわばリモートワークです。

制作現場における実践を体験するアドバンスコース。

講義以外は、各自でひたすら“書く”課題に取り組むベーシックコースとの大きな違いは、このリモート&チームでの作業進行にあります。

データ分析やリサーチが得意、テープ起こしが速い、ふさわしい取材候補者を素早く挙げる、用意周到に取材に臨む―― 全員の能力とアイデアを持ち寄り、企画を立て、取材し、まとめた原稿。

ときに目からウロコの変化を誌面にもたらす、編集長や講師、デザイナーのアドバイス。
そして、最も重要であり、場合によっては企画構成を軌道修正することもある取材やインタビューの内容。

すべて要素が掛け合わされた結果、一冊の本という形になる。これぞ、編集の面白さ!

さらに、原稿、画像、図版イラストなどの素材を取捨選択して、より良いコンテンツに仕上げることも大切な編集作業の一つです。

今回は採用されずにストックしている素材を、また次の機会に役立つ情報にアレンジしてお届けしたいと考えています。


%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B02-%E8%A3%9C%E6%AD%A30310.jpg

アンケートの貴重なデータとグラフ。今回はこの中から「仕事」「転機」「働き方」などをクロースアップ

それにしても、「校了したら、どんなに気持ちが軽くなるだろう」と期待していたのに、いざ校了すると、スッキリしないものです。

もっとよい構成があったのでは? あの表現で正しかった? 校正での見落としはなかったか? 考え出すとキリがありません。 

4月からは次の19期生が修了制作として加わり、まだまだ書籍の制作は続きます。
そして、生みの苦しみも続きます(笑)

10周年の記念イベントは11月18日(土)夕方からに開催が決定しました。

皆さん、制作の喜びと苦しみを分かち合い、本の誕生を一緒に祝いましょう。
その時こそ、きっとスッキリするはず!

LETS
http://seminar.kurashihow.co.jp/lets

(10期 尾高智子)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/808

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)