« 【LETS10周年記念書籍】 憧れの石川結貴先生と名刺交換! それで終わりじゃ、もったいない | メイン

【LETS10周年記念】 書籍への熱い思いを形へ。出版プロデューサー・森久保美樹さんの挑戦

2017年07月14日

・・・・・LETS修了生インタビュー 森久保美樹さん


10周年を盛り上げようと、19期生が多彩な切り口からLETSの魅力を発信していくシリーズ企画。
「修了生インタビュー」では、プロとして活躍中の先輩たちにLETSで得たことや現在の仕事について話を伺います。


「この本はネコが結んだご縁で生まれたものなんですよ」

一冊の本を手にほほ笑むのは、LETS5期修了生の森久保美樹(もりくぼ・みき)さん。
ライター業の傍ら、NPO法人「企画のたまご屋さん」の理事兼出版プロデューサーとして、新たな本を生み出すお手伝いをしています。


0714%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E6%A3%AE%E4%B9%85%E4%BF%9D_%EF%BC%91.jpg

▲ローカル線の駅で暮らすネコたちの生活をつづったフォト・エッセイ「駅猫Diary」を手にする森久保美樹さん


◆本への愛情と世の中へ送り出す喜び

出版エージェントである「企画のたまご屋さん」には、本を出したい著者からの企画書が数多く寄せられます。

その中から「これは!」と感じた企画を出版社へ配信し、著者と出版社を“結ぶ”のが出版プロデューサーの役割です。

そのやりがいを尋ねると、「文字として生まれたものが、本になって世に出ることが一番の魅力ですね。本は手触りや重さ、匂い、装丁などの全ての要素を総合して、五感を刺激する作品。今は電子書籍も人気ですが、本という形にこだわりたい。

著者の方に『本を出してから仕事の幅が広がった』とお聞きすると、お手伝いができてよかったなとうれしくなります」と、本への愛情と仕事への熱意をのぞかせます。

フォト・エッセイ「駅猫Diary」(洋泉社)も、ある企画がきっかけで生まれた本。

森久保さん、著者のしげぞうさん、写真撮影のpunkumaさん、編集者の全員が大のネコ好き。
そんな「ネコ仲間」の思いが重なって一冊の本となったそう。

「ここに登場するネコたちは愛されている一方で、野良ネコという過酷な現実がある。そこに人の心の深い部分に訴える物語性があると感じたんです」と、この企画を担当した思いを語ってくれました。


◆企画の“鍵”は「新しさ」と「役立ち感」

それでは、森久保さんが「本になる!」と感じた企画書の魅力はどこにあるのでしょうか。
その特長をお聞きすると-
「まず、他にはない『新しさ』です。例えば介護がテーマの本はたくさんありますが、40代の男性で実際に介護をしている著者は珍しい。そこに唯一性が生まれます。そして『役に立つ』ことも大切。実用本に限らず、泣いて、笑って、スッキリしたら、それも役に立ったことの一つ。読者に『買ってよかった』と思ってもらえる本になるかが鍵ですね」


SNSやブログの普及で、一般の主婦でも著書を出すことが可能となった時代。

読者目線で書かれているから、より共感を得られることが多いそう。

「まずは自分の得意分野で書くことから始めてみて。それが編集者の目に止まって本になる可能性も」

0714%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E6%A3%AE%E4%B9%85%E4%BF%9D_%EF%BC%92.jpg

▲森久保さんが担当した書籍。ユニークな切り口で著者の個性が光ります

◆支えるのはLETSで培った「基礎力」

関心のある方向へ進んでいく行動力と尽きない好奇心。小柄な体に秘められたバイタリティーに驚かされます。

そんな森久保さんを根底で支えているのは、LETSで培った「基礎力」。

記者ハンドブックに準じた正確な文章表記法やライターとしての基本マナーなど、プロとして必要なスキルをLETSで習得したと振り返ります。

「ルールを守るのは、相手から信頼される上でとても大切なこと。文字数を守らない、表記揺れが多いなど、決まり事が守れないライターは意外と多いんです。その点LETSはルールがとても厳しい。おかげで、実務で役に立つ基礎力やマナーがしっかり身に付いたと感じています」

これからの目標は、「時代性のあるテーマを追いつつ、10年先まで絶版にならないような息の長い本を手掛けること」と語る森久保さん。

今後、どのような本に関わり、未来を切り開いていくのでしょうか。森久保さんのチャレンジはこれからも続きます。

・NPO法人「企画のたまご屋さん」
HP:https://tamagoyasan.net/

・「駅猫Diary」文:しげぞう 写真:punkuma(洋泉社)

Amazonサイト:
https://www.amazon.co.jp/%E9%A7%85%E7%8C%ABDiary-%E3%81%97%E3%81%92%E3%81%9E%E3%81%86/dp/480031139X


★LETS10周年記念書籍は2017年11月18日発行予定です。

                                 (19期 柿本和子)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/822

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)