« 【LETS10周年記念】麹町でLETSのランチ会に行きましょう | メイン | 【LETS10周年記念書籍】 テレビにも出演! 筆跡アナリスト&ライターとして活躍中の関由佳さん »

【LETS10周年記念書籍】 3つの「作る」を軸に 幅広く活躍する石川理麻先生

2017年07月28日

・・・・・・・・・講師インタビューこぼれ話  石川理麻さん

10周年を盛り上げようと、19期生が多彩な切り口からLETSの魅力を発信していくシリーズ企画。

「講師インタビューこぼれ話」では、記念書籍の企画「LETS講師陣に聞く」の記事に収まりきらなかった内容をご紹介します。

◆地域の人たちの信頼を得て広がる活動の場

石川理麻先生はフリーライター・編集者として多摩地域、西国分寺を中心に活躍されています。
西国分寺の人気のカフェ「クルミドコーヒー」のスタッフであり、その「クルミドコーヒー」が手掛ける「クルミド出版」の雑誌「そういえば さぁ、」の編集メンバーでもあります。

さらに、地域に根差した活動をしていくなかで得た出会いと縁で、国分寺の食堂「りまくみ食堂」の店主をされています。

%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%90%86%E9%BA%BB%E5%85%88%E7%94%9F1.JPG

▲西国分寺駅のカフェ クルミドコーヒー

◆雑誌の舞台は西国分寺!ローカルを掘り起こす

お店に集まる人たちとのつながりを大事にしながら、時間をかけて丁寧に作られていくクルミド出版の本。

そのなかでも、雑誌「そういえば さぁ、」は、発行元はクルミド出版ですが、西国分寺在住の方だけでなく雑誌を読んで「手伝ってみたい」と声をかけてくださった方々と一緒に制作されています。
石川理麻先生は、自身の「書く」仕事の経験や学びを伝えていくことで雑誌の編集部を支えています。


%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%90%86%E9%BA%BB%E5%85%88%E7%94%9F%EF%BC%92.JPG

▲雑誌「そういえばさぁ、」

◆読者が一緒に体感できそうな記事

誌面で取り上げられるのは、西国分寺の話題が中心。

町のあちこちから聞こえてくるつぶやきをひたすら真剣に考える編集部。

たとえば、第2号の特集「国分寺の知られざる夜」では、はしご酒をしたり、中央線の最終電車が出た後のカラオケ店に潜入調査をしたりと、読者が一緒に体感できそうな記事が掲載されています。

この雑誌、西国分寺のとある書店で「下町ロケット」を抜いて1位になったことがあるそう。

地元の人々を中心に親しまれている雑誌であることが伺えます。


◆3つの「作る」が軸 

石川理麻先生の活動はこれだけではありません!

専門学校で就活生の指導をする講師としても活躍されている先生。
ここでも、これまで培ってきた知識やテクニックを教えることに積極的に取り組んでいるそう。

ライター・編集者として制作すること。専門学校やLETSの講師として授業を行い、生徒の未来をその人と一緒に作ること。クルミドコーヒーのスタッフとして、りまくみ食堂の店主として地域の活動を通して「場」を作ること。

この3つの「作る」を軸にして石川理麻先生は活動しています。

%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%90%86%E9%BA%BB%E5%85%88%E7%94%9F%EF%BC%93.jpg

▲石川 理麻さん

◆生みの楽しさと苦しさ

先生たちのパワーを見習い、私たちも記念書籍の発行に向けていよいよラストスパート!
LETSに通い始めて9カ月。生みの楽しさと苦しみを味わっている19期生が、次回もLETSの情報をお届けします。


★LETS10周年記念書籍は2017年11月18日発行予定です。

クルミド出版
https://www.kurumed-publishing.jp/
ぶんハピねっと
http://bunjihappy.com/archives/category/work


                           (19期 オザワトモミ)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/824

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)