« 締め切りまじか【10月14日開講 LETS21期ベーシックコース受講生募集中】 | メイン | 10/14(土)、ベーシック21期、アドバンス20期がスタート »

【LETS10周年記念】 「書く」ことで理想の未来 を引き寄せる~ティッツェ幸子さんに聞く「夢の かなえ方」

2017年10月06日

 ・・・・・ピカ女登場 ティッツェ幸子さん

LETSの魅力を発信していくシリーズ企画。
「ピカ女登場」では、ピカッと輝いている女性とその活動を紹介していきます。

t_sachiko01.jpg

▲朗らかな笑顔で周りを明るくするティッツェ幸子さん。手にしているのが「ドリームプランナー」

 LETSのベーシックコースで人気のインタビュー実践講義。講師によるインタビューを聴講し、受講生が文章化する講座です。

 今回のゲストは、㈱サクセスアライアンス代表のティッツェ幸子さん。

「書く」ことで理想の未来を引き寄せる「ドリームプランナー」を提唱するティッツェさんに、夢に近づくための秘訣をお聞きしました。

◆心の声に呼ばれコーチングで起業する決意

 大学卒業後、大手建設会社で10年間事務職のOLをしていたティッツェさん。
安定した仕事ながらも、どうしても満足できずに悩む日々だったそうです。そんなとき、女性起業家によるセミナーに参加したことで大きく運命が変わります。

「社長や副社長をしている同世代の女性がたくさん参加していて。当時はまだ女性の社長は珍しく、新しい世界に出会ってすごくワクワクしました。『私が求めていたのはこれだ!』と」

 心の声に“呼ばれる”ようにコーチングで起業することを決意。スキルを身に付け、32歳のときに仕事をスタート。後に独立し、経営者のコーチングを専門にキャリアを築いてきました。

 さらに、「書く」ことで理想の未来を引き寄せる「ドリームプランナー(未来日記ノート)」を開発。女性たちの夢をかなえる手助けにも情熱を注いでいます。
 
「自分がこうだったらいいな、と願うことを書いていくんです。本当に自由だったらどうしたいか。ワクワクすることを想像して描いていくと、潜在意識が働いて本当に夢がかなうんですよ」
 
-ええ? 本当に書くだけで夢なんてかなうの? 会場から驚きの声が上がります。
 
 この「ドリームプランナー」は潜在意識を上手に活用して、理想の未来を引き寄せるメソッド。まず願いごとを書き出して、やりたいことや進むべき方向を明確にする。

それを毎日読み返すことで潜在意識に刷り込まれ、無意識のうちに行動が伴って来ると言います。
 
「私自身もノートに書くことで、ドイツ人の主人と出会って国際結婚、39歳で出産、本の出版が決まるなど、たくさんの夢をかなえることができたんですよ」

 カラフルでロマンティックなデザインのドリームプランナーは、手にしているだけで幸せが舞いこんでくるようです。

◆『できる』と考えれば現実は変わる

 「夢に近づけない」「自分に自信が持てない」という女性には、「思考の枠を外すことが大切」とティッツェさんは言います。

 「今の現実はすべて自分の思考が作っているもの。『できない』と自分自身にブレーキをかけているんです。思考の枠を外して、『できるかも!?』といい方向へと考えてみる。それだけで現実が変わってきます」

 「なるほど~!」ティッツェさんの放つ“幸せオーラ”と説得力のある語り口に、すっかり魅了される受講生。「私も書いてみよう!」そんな声があちこちから聞こえてきます。
 
t_sachiko02.jpg

▲ティッツェさんのノートには願いごとがぎっしり!赤色のマーキングが実現した項目


 願いを全てかなえて幸運に恵まれた女性。そんなふうに見えるティッツェさんも、現在に至る道のりは「決して簡単ではなかった」と振り返ります。

◆辛い経験が成長のチャンス

 OL時代に起業したのちに結婚、退職。独立しようと考えた矢先、パートナーとの意見の不一致でわずか1年で離婚。自らの基盤を失い、心はどん底をさ迷います。

 そのときに支えになったのが、クライアントの「ありがとう」の言葉。「必要としてくれる人がいるから、がんばれた。そのときに『この仕事は私の天職なんだ』と気付きました」

 そして、つらい経験こそが自分を成長させるチャンスとも。
「私自身も離婚を経験して、この仕事で食べていかなきゃと必死でやってきた。そうしているうちに周りが協力してくれてうまく行き始めたんです」

 ピンチをチャンスに変えてステップアップする。しなやかさの中にも、力強く夢を成し遂げようという意志の強さを感じさせます。

◆チャンスは笑顔でつかまえて

 インタビューの最後には、ライターを目指すLETS生へこんなアドバイスをいただきました。

 「『私はもう売れっ子ライターよ!』という気持ちで毎日を過ごしてみては? そういう意識でいると、着る服が変わったり、足を運ぶ場所も変わってきて、本当に売れっ子ライターになれますよ」

 そして、「チャンスが来たときは、『できます』と笑顔で引き受けること。その後で必死にがんばる。可能性があるからチャンスをもらえるんです。私にはまだ無理、なんて思わないで」

 「書く」ことで夢へと近づく。誰もが実践できるすばらしいアイデアです。理想の未来に向かって今日から始めてみよう! そんな新たな気付きに出合えた時間でした。

ティッツェ幸子さんオフィシャルブログ
http://www.success-al.jp/dp/
 
(インタビュー:LETS講師・村尾由紀さん、構成・写真:19期 柿本和子)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/837

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)