« LETS通信VOL.6が完成! | メイン | 芸術の街日比谷にできた「東京ミッドタウン日比谷」 建物がダンサーのように「流れていて美しい」 »

レンズ越しに広がる新しい世界へようこそ―日々の暮らしにワクワクを感じよう

2018年04月06日

この春、新生活をスタートした人も多いだろう。が、いつもと変わらない毎日だというなら、ここで「JINS渋谷店」2階の雰囲気をちょっとのぞいてみよう。

0405%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%BB%E5%83%8F%EF%BC%91.JPG

                       
この階段を上がって2階へ行くと…

0405%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%BB%E5%83%8F%EF%BC%92.JPG


大小さまざまのレンズが外界の景色や店内のようすをさまざまに映し出す。

0405%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%BB%E5%83%8F3.JPG

向かいの建物がゆがんで見えたり、

0405%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%BB%E5%83%8F%EF%BC%94.JPG


カウンターにいるコートを着た女性が、伸びやかに映る。

0405%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%BB%E5%83%8F%EF%BC%95.JPG


眼鏡の仕上がりを待つ男性の足元が逆さまにいくつも見える。

レンズを通して見た世界は、現実とはどこか違っている。けれど、現実を映し出していることには変わりはない。

アートグループ【め】として活動中の荒神明香さんの作品《contact lens》だ。

不思議だ。
普通のことに“どこか違う”わくわくを感じる。

アーティスト荒神さんの作品は日常のふとしたことへの疑問、よく観察したことによって生じた驚きや発見から生まれるそうだ。

普段の目はそのレンズによってものの大きさや形が決められているが、このレンズを空間に漂うような一枚の膜のようにしてみたらどうだろうと思って作ったという。

「″見る″ことを通じて世界を広げていく―」荒神さんと株式会社ジンズの両方に通じる考え方でもあるようだ。

【荒神明香さんインタビュー記事はこちら】
https://shibuya.jins.com/feature/interview-haruka-kojin/


眼鏡の仕上がりを待つ時間は、アート体験のひとコマへと生まれ変わる。

お気に入りのフレームを探しに行くときはぜひ、2階へ足を運びたい。今後も「眼鏡×アート」をキーワードにした展示やイベントが定期的に開催される。

メガネ・アイウェアブランド株式会社ジンズは今年7月、30周年を迎える。
カルチャーとメガネの融合を目指した新機軸の発信型店舗「JINS渋谷店」。

「いつもと見方を変えるだけで新しい発見や気づきがある。JINSはそのきっかけを店舗から発信していきたい」とのこと。

″To Magnify life Life″―人々の人生を拡大し豊かにし、これまでにない体験へと導いてくれるそうだ。

■株式会社JINS公式サイト
https://www.jins.com/jp/
■JINS渋谷店
https://shibuya.jins.com/
■開催イベント情報
https://shibuya.jins.com/newsevents/
※荒神明香さんの個展は~4/10(火)まで

(田畑 詞子21期)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.living-lets.com/cgi-bin/bg/mt-tb.cgi/852

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)